男性を惹きつける「エストロゲン」を増やすには?

エストロゲンに満ちた女性は、セクシーだったり魅力的だったり、周りの視線を惹くものがあります。女性ホルモンであるエストロゲンを増やし、もっとみずみずしい潤った女性になってください。

464
0

エストロゲンとは

エストロゲンとは卵巣から分泌される女性ホルモンです。
つややかな肌やたくさんの髪、ふくよかな胸など女性的な体をつくるために作用します。
美人ホルモンと呼ばれ、エストロゲンが分泌されているときがもっとも女性が美しくなる時です。
エストロン(E1)、エストラジオール(E2)、エストリオール(E3)、エステトロール(E4)などの種類がありますが総称してエストロゲンと呼ばれます。
引用元:kimeyaka-blog.com(引用元へはこちらから)

エストロゲンが増える方法

エストロゲンを増やすツボ押し

ホルモンの分泌が一番活発になるのは夜なのをご存知でしたか?就寝前や入浴後にリラックスした状態でエストロゲンを増やすツボ押しをおすすめします。

効果を高めたいのであれば、手は温めておいてからツボ押しすると良いでしょう。一人でツボ押しするもよし、恋人に教えてあげてツボ押ししてもらい愛を育んでいくのもエストロゲンを増やす効果もアップするでしょう。
引用元:welq.jp(引用元へはこちらから)
壇中(だんちゅう)

両方の乳首を結んだ線のちょうど中心から指1本分ほど下に、押すと少しだけくぼむところが壇中というツボです。両方の人差し指~薬指を上下に重ね、少しずつ息を吐き出しながら3~5秒ほど軽く押します。これを4~5回ほど繰り返しましょう。デリケートな部位なのでワンセットあたり1分以内にとどめるよう気をつけてくださいね。

渕腋(えんえき)

両方の乳首を結んだ線を体の外側に伸ばし、わきの下と交差する点が渕腋というツボです。両方の親指で、左右同時にやや強めに押しましょう。1回の刺激は3秒ほど、これを4~5回繰り返します。押しているときは少し痛いかもしれませんが、離したときに心地よさを感じます。
引用元:192abc.com(引用元へはこちらから)

バラの香りを嗅ぐ

アロマセラピーを上手に利用することで、エストロゲンが増えることがわかっています。特に有効なのが、華やかなバラの香り。イランイランやジャスミン、ゼラニウムなども良いですね。お好みのアロマオイルを手に入れてアロマポットで香らせるのもよし、お風呂に数滴たらしてアロマバスを楽しむのも素敵ですね。


引用元:antiaging-life.info(引用元へはこちらから)

無理なダイエットはNG

極端なダイエットは栄養のバランスも崩れるし、自律神経のバランスも崩れるため、エストロゲンの分泌にとっては良くありません。ダイエットをするなら、栄養のバランスを考えながら適度な運動を生活に取り入れるスタイルが一番です。


引用元:chicoli.net(引用元へはこちらから)
もしダイエットのし過ぎで体脂肪率が18%未満になってしまった場合、 無月経や若年性更年期障害、さらに不妊や早期閉経を引き起こす危険があります。そもそも体脂肪率が10%を切るとエストロゲン自体が出なくなってしまうので、体脂肪はとっても重要なんです。


引用元:chicoli.net(引用元へはこちらから)

大豆製品を摂る

大豆製品に含まれる「イソフラボン」はエストロゲンに似た性質を持っており、女性らしさを与えるその働きも同じように備わっています。このことから大豆製品は「植物性エストロゲン」とも言われています。

引用元:cuta.jp(引用元へはこちらから)

まとめ作者